【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.5 あなたが経営者として考えるべきコト

カテゴリー:【 シェアーズが考える“今” 】
————————————————————————————————
Vol.1 シェアーズが考える“今” 「格差社会は存在してるんじゃないか?」
Vol.2 シェアーズが考える“今” 「大企業も中小零細もみな一緒なのか?」
Vol.3 シェアーズが考える“今” 「大きな冠って学んだ気になる」
Vol.4 シェアーズが考える“今” 「俺たちにとって本当に必要なモノに気付く時」
Vol.5 シェアーズが考える“今” 「あなたが経営者として考えるべきコト」
————————————————————————————————

第2回目シリーズ

今回のテーマは、”俺たちシェアーズが考える今”

Vol.5 「俺たちが経営者として考えるべきコト」

Vol.4までに書いてきたことは、経営者自身が自分が置かれているフィールド・立場でモノを見るということ。何故なら、経営者の選択や考え、経営者自身が世の中をどう見てるか?で何もかも決まって行くんやないかな?と考えてるから。もし、それが出来なければ、きっと先は見えて来んしおぼつかんやろう。今回が5話完結の締めくくり。今こそ、自分を振り返って「何を置いても自分がやらなければならないこと」をもう一度考えてみよう!という提案をしたい。

今回も、しっかりと俺たちの“今”を考えてみようシリーズです。

————————————————————————————————

”強みビジネスメンター 堀井聖介”です。

ここまで自分の置かれてるフィールドを知る、考えるということを言い続けてきた。

『企業は人なり』
これは企業人、特に経営者はみんな心に強くしみ込ませてる事やと思う。頭ではよく分かってんねんけど、本当に出来ている企業人ってどんだけ居てるんかと思う。

世の中にはいろんなタイプの社長がおる。社長とは「社」という組織の中の「長」という立場を表したもの。そしてその仕事は、会社を守り、社員を守り、育て、事業を動かしていく人。そうやんな?

「社長」と「経営者」の違いって?
社長は全ての人がなれるけど、経営者は全ての人がなれるとは限らない…おれはそう考えてる。

社長(しゃちょう)とは会社や社団などにおける最高責任者の呼称
経営者(けいえいしゃ)とは経営をする人組織の経営について責任を持つ者のこと

簡単に言うと、「社長」は立場・役職のこと。「経営者」は役割のこと。
会社を成長させる人という意味では同じで、その人の力によりけりで実績や経営状態は左右されるもの。経営者は「自分は社長だ!」という立場を誇示する前に「自分の役割」をしっかりと担うべき。社長という役割を担い、行い、それ以上に、社員やお客様や社会全体に影響を与えていく人、、、経営者は経営をする“人“なんやと思う。だから、「社長」は全ての人がなれるけど、「経営者」は全ての人がなれるとは限らない。

会社を立ち上げた時、自分の持ってるであろう人より秀でたスキルを使って一人でも会社を成長させていくことは出来る思うねん。でも、それだけでは長い期間にわたって成長させられる企業にはならへんよな。

自分の短所を補う右腕・左腕を育てることが大切になってくる。そうすれば、成長し続ける確立が断然上がってくるやろ。それだけやない、自分のために動いてくれる社員・仲間・業者が居てこそ、自分の会社経営の成長戦略となっていく。

経営者といえど、全ての分野を得意としてる人なんかおれへん。でもその苦手分野を得意とする人がいてる。俺は、いろんなエキスパートに関わってもろたらええと思うねん。そんなギブ&テイクの関係性も含めて成長へと結びついていくはずやから。

俺は「強みビジネスメンター」として、それぞれの強みを見つけ出すのは大の得意!経営の成長だけやなく人の成長も含め、全て人が大きくなれるように動かしていきたいと思ってる。

今の時代、社長一人が会社を良い方向に成長させたい!と願っても良い方向には向かわない。みんな一丸となって取組んでいく必要がある。

・どんな成果を出したいのか?
・会社がどんな未来に向かって動いているのか?
・そのために自分が何をしているのか?

しっかりとした目標・目的設定を伝え、共有しておくとみんなが動き出すんやないかと思う。

この目標・目的をみんなが認識して初めて
・人のスキルが企業のスキル
・人の数が企業のスケールメリット
となっていくもんやと考えているから、俺はいつでも関係者に俺の考えてること、想ってることを伝えていこうと思ってる。

会社を動かすのは全て「人」。
その成果を出す訓練や教育は必ず会社の成長の元になっていく。

だからこそ、「企業は人なり」という言葉が成り立つ。
人を育て・関係性を深めていく…会社そのものを変える力を人は持っている。

最後に、自分がいつでも学ぶ姿勢を持ち続けること
社員教育で社内を変える、、そう言いながら経営者である自分が変わらへんかったら、問題意識を持って情報を集めんかったら、成長には結びつかんから。「経営者」になるための心構えの一番は、自分がこの変化スピードの速い時代に学び続けること。これを提案しておきたいと思う。

「人」このワードが全てやと思う。自分・社員・仲間・関わってくれる沢山の人との信頼関係を作り出し、更なる成長戦略を考え、作り出していけたら、自分が社会にとって大切な人財になる。

これを自分にも投げかけ、心に刻みながら「シェアーズが考える“今”」を締めくくります。
今後もシェアーズの情報を楽しみに、そして俺のコラムも見てくれたら嬉しいです。

堀井聖介公式フェイスブック 「ポチッ」と押して友達申請♪

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社