【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.1.ビジネスのための自己表現【つながる】

【ビジネスのための自己表現】全話5話完結シリーズ

「ビジネスのための自己表現」
Vol.1 【つながる】
Vol.2 【断る】
Vol.3 【説明する】
Vol.4 【打ち明ける】
Vol.5 【自己紹介する】

——————————

俺は人に恵まれていると思っています。今までたくさんの素晴らしい人達に出会い、たくさんの刺激を受けてきました。

これがビジネスに影響を与えていないわけがない!

仕事は全て人で決まる。大人になった俺は仕事に就き、自分で会社をおこすことになった。自分よりも知識や経験の多い人からの適切なアドバイス、自分なりに広め深め問題に対処していく姿勢、いろんな経験の中で、自分を見直し反省し、改善して、方向修正、また微調整して、、、どう考えたらいいのだろう、出来ることは何だろう、どうやったら役に立てるのだろう、どう伝えたら分かり易いだろう、いろんな思いを胸に抱いていくことになる。

俺は俺。

違う誰かに成れるわけではないからね、失敗も譲れないことも含めての俺。もちろんだけど、そう簡単に変われないよね。俺らしく生き抜くために大切だったのは自己表現。自分をどう表現するかで、人生は楽しく豊かなモノに変わっていく。

今回は、経営者として自分を表現することの大切さを考えてみたいと思う。
5キーワードで見せるというのも表現方法。キーワードで見せる良さは、知ってるつもり、やってるつもりが多いモノだと気づくキッカケになるということ。頭の中にガヤガヤとあるものをまとめるのに一番効果的なやり方だと思います。俺は何を大切に、どんな風に考えてきたのかな、、、その振り返りも含めて、「ビジネスのための自己表現」と銘打って、数ワードに絞り込んでまとめてみたいと思っています。俺にとってだけじゃなく、みんなにとっても何かの気づきがもたらされ、整理に役立つと良いなと思ってます。

——————————

———————————

Vol.1 ビジネスのための自己表現【つながる】

人はたくさんの方と“つながって”生きています。
その“つながり“について、どこまでつながっていて、どれだけ時間をかけてるのかを考えたことってありますか?俺もいつも人に囲まれてて、いろんな関りを持ってる方だと思う。これって経営者なんだから当然ともいえる。仕事は全て人とのつながりで成り立つものだから、どれだけの人とリアルに出会っているかで仕事の結果は自ずと違うもんになるからね。

時間は365日24時間、みんなに平等に与えられているもの。その貴重な時間を誰に使うか?考えてみるととても大切なことだと思います。普段は意識しないで過ごしていることを、ここでちょっと考えてみたいと思う。

俺の人間関係は8つに分けられると思います。
親友
相談相手
癒し手
仲間
協力者
遊び友達
情報源
知り合い
みんなはどう分けれるかな?俺も今まであんまり考えずに来てて、しっかりと区切って関係構築をしてきたわけじゃないからな~。仲間は仲間!そんな分け方。でも、先日少し気になる文章を読んだ。

————————-

人間は、15人を超えると同時に「濃いつながり」を作ることは、心理学的、社会学的に不可能

————————-

上に書いた、「親友・相談相手・癒し手」までが強い絆でつながっているモノなのだそうです。
親友・・・数人
相談相手・・・5人以下
本当のところ、多くて10人までというのが人のつながりなのだそう。

今の世の中は、FacebookやLINEなどのSNSでたくさんの人とつながりやりとりをしている。考えてみたら、そのSNSつながりは、自分が本当に困った時の相談相手にはならないだろう。というか、SNSに自分が本当に困っていることを流すことなんてしないだろうしね。

————————-

ほとんどの人は、多くの人とつながりすぎ。

————————-

この一文で、この記事は終わっていた。
う~~む、考えさせられた。自分が、どう感じるか、どう人と接するか、どうつながっていたいか、は別の話だけどね。ある人が言ったんだけど、SNSの良さは「最近何をしているんだろう」が分かるから、出会った瞬間から会えていない時間を埋めることが出来るということ。これは一理あると思ってて、SNSが会えない時間を埋めてくれるという使い方なんだろう。ただし、確かに「強い絆」には成りえないなとも思う。

————————-

100人と1回づつ会うよりも、10人と10回会うことが深い関係性を作り出す。

————————-

つまり、「弱い絆」の人たちに費やす時間を最低限にとどめて、「強い絆」の数名と濃い関係をつくることを最優先すべきとの話なのだろう。俺たちも良い年齢になった。プレーヤーとして忙しくもあり、うまくいってる人は少しづつ自分の時間を作り出せる人もいる。体も少しづつ不自由を感じて来て、疲れが抜けないなんて日もある。

自分の貴重な時間をどう使うかは自分次第。

人は同じ行為を繰り返すもの。生活習慣、考え方のパターンは変えられない。何か考えるキッカケでもなければ見直してみるなんてすることもないだろう。みんな1日24時間という同じだけの時間しか与えられていない中、自分が自分の人生に責任を持って生きるために、この“時間”というモノを見直してみるのも一つだと思う。どう考えるかはその人次第、それがそのまま生き方、生き様になるんだろう。

自分が困った時に、親身に話を聞いてくれる人、助けになってくれる人、顔を思い浮かべてみる。ここを整理するだけでも、今回のキーワードの意味はあったかなと思う。今まで意識していないことを考えるキッカケになれば嬉しく思います。

【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社