【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.3 ビジネスのための自己表現【説明する】

【ビジネスのための自己表現】全話5話完結シリーズ

「ビジネスのための自己表現」
Vol.1 【つながる】
Vol.2 【断る】
Vol.3 【説明する】
Vol.4 【打ち明ける】
Vol.5 【自己紹介する】

——————————

俺は人に恵まれていると思っています。今までたくさんの素晴らしい人達に出会い、たくさんの刺激を受けてきました。

これがビジネスに影響を与えていないわけがない!

仕事は全て人で決まる。大人になった俺は仕事に就き、自分で会社をおこすことになった。自分よりも知識や経験の多い人からの適切なアドバイス、自分なりに広め深め問題に対処していく姿勢、いろんな経験の中で、自分を見直し反省し、改善して、方向修正、また微調整して、、、どう考えたらいいのだろう、出来ることは何だろう、どうやったら役に立てるのだろう、どう伝えたら分かり易いだろう、いろんな思いを胸に抱いていくことになる。

俺は俺。

違う誰かに成れるわけではないからね、失敗も譲れないことも含めての俺。もちろんだけど、そう簡単に変われないよね。俺らしく生き抜くために大切だったのは自己表現。自分をどう表現するかで、人生は楽しく豊かなモノに変わっていく。

今回は、経営者として自分を表現することの大切さを考えてみたいと思う。
5キーワードで見せるというのも表現方法。キーワードで見せる良さは、知ってるつもり、やってるつもりが多いモノだと気づくキッカケになるということ。頭の中にガヤガヤとあるものをまとめるのに一番効果的なやり方だと思います。俺は何を大切に、どんな風に考えてきたのかな、、、その振り返りも含めて、「ビジネスのための自己表現」と銘打って、数ワードに絞り込んでまとめてみたいと思っています。俺にとってだけじゃなく、みんなにとっても何かの気づきがもたらされ、整理に役立つと良いなと思ってます。

——————————

———————————

Vol.3 ビジネスのための自己表現【説明する】

ビジネスシーンにおいての説明,話し合いの場(議論)での意見,質疑応答,雑談,いろんな場面でコミュニケーションがうまくいかないという事があります。相手に説明がうまく伝わらなければ、想定できない質問ばかりきてパニックになる、、、結構見かける光景ですね。
うまく伝えられない人は一様に「今何について話しているのか」が分かっていないように感じることがあります。なぜそんなことが起こるんだろう。緊張したり、委縮したりするとうまく言葉が出ないなんてことにもなる。もしかしたら場数とか、経験値をあげるとかしか方法はないのかもしれないけれど、、、

ディベーティングのすすめ
ディベート(debate)とは、ある主題について異なる立場に分かれて議論をすることをいい、討論(会)とも呼ばれています。
ディベーティングとは、参加者を2チームに分けて討論させるんです。まぁ、ゲームの一種みたいなものかな、討論形式でどちらが勝ちか競わせる「討論ゲーム」。自分の本心がYesであろうがNoであろうが関係ないんですね。とりあえず2チームに分けられ討論をしていく。自分の論理をいかに主張し、相手の弱点を突いていくのか。正しいかどうかではないところが面白い。

以前、俺はある会合でこのディベーティングをやったんです。テーマは置いておいて、俺の答えはNoなのに、反対のYesチームに入れられた。それでも参加したからには勝ちたい!思ってもいないことを論理立てて説明をする。

なぜこれが良いと思うのか?
なぜこちらが正解なのか?

とりあえずYesの立場で主張を繰り返していくうちに、最後は心からYesと思える自分になった(笑)。とても面白い経験でした。

議論と感情は切り離した方が良い
この時に感じたのは、議論は単なるディスカッションなんだということ。激しく議論すると感情的になってしこりが残るんじゃないかと心配することもある。だけど、何か「目的」があって話し合ってるんだということを忘れたらいけないと思った。お互いに「何かを良くするため」にやってるんだと分かっていると、変なしこりが残る方がおかしいよね。この経験をして、これは練習する必要がなることなのかもとも思った。そしてその時の講師の方は「これは経験を積んでたくさん練習したら誰でも習得できるんです」とお話されました。

ディベート(ウィキペディア):https://ja.wikipedia.org/wiki/ディベート

説明するということ
このディベートを頭においておくと、説明するのも楽になるように思うな。感情的にならず冷静に議論をすること。練習すれば上手になるものだと思うことも大切だよね。何を言っているのか分からない、話が飛んでる、今そこをきいてるんじゃないよね、、、論点がズレていく人ってとても多い。だから結果的にうまく伝わらないということが起こってくる。「今、何について話しているのか」という論点がズレなければ、説明は意外と簡単に済む。相手の聞きたいことを伝えることが出来るようになるから。

説明って相手の記憶に残すこと
そう考えると上手くいく。もし、しどろもどろになって説明してる人が居たとして、その人の話を覚えてるだろうか?この人大丈夫かな、とても緊張してるみたいだな、自信がない商品なのかな、、、そんな記憶が残ることになってしまう、それはとても残念なことと思う。
説明してる人が初めての説明であろうが、どんなに緊張してようが、自信があろうがなかろうが、説明を受ける側には全く関係のない話やから。そのことをしっかり頭に叩き込んで「自分を魅せていく」ことが重要なポイントになってくる。

上手く説明できる方法は?
俺が意識してやっていることがあります。若い時から気にしながらやってきたことだから、もう意識的にではないかもしれないけれど、、、でも誰にでも出来るいたってシンプルなこと。

・大きな声ではっきり話す
・堂々と自信を持って話す
・最初にポイントを話す
・話は短くシンプルに話す

「堂々と結論から話す」・・・ね、誰にでも出来そうなことでしょ?(笑)
もし付け足すならば、例を出して話をすると分かりやすくなるかなと思う。親近感が湧くような話をするとか、具体的にイメージしやすいようにするとか。あと、わざわざ数値を使ったりすることもあるな。具体的な数字を出すと説得力が大幅に上がる。

説明をするということは、理解してもらいたいということ。伝わらないならそれは無意味。相手の話を聞き、何を問題と思っているのか、何を知りたいと思っているのか、それを見逃さずしっかりと聞き、そして伝える。時には分かり易いストーリーが必要かもしれない、時にはその人に寄り添った説明の仕方を考えなければいけないかもしれない。
でも、それもこれも全て自己表現の一種。自分が伝えたいことをしっかりと理解してもらえるように、日々意識してやっていくこと魅せていくことはとても大事なことだと思っています。

【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社