【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.3 人生を楽しくするちょっとしたコツ【雑談で頭を良くする】

人生を楽しくするちょっとしたコツ
————————————————-
Vol.1  「考える」習慣作り
Vol.2  笑いを軽くみない
Vol.3  雑談で頭を良くする
Vol.4  思い付きを大事にする
Vol.5  わざと関心から外す
————————————————-

1度きりの人生、思いっきり楽しみたいものです。
先日「毎日がつまらない…」という話を聞いたのです。「なんでそう思うのかな?」と俺なりに考えてみた。確かにいつも最高に楽しい瞬間ばかりというわけにはいかない。気乗りしない事、やりたくない事をやらなきゃならない時もあるものです。全てを悪い方向にばかり考えてしまう時もあるしね。でも、そんな時に気持ちを切り替えられるちょっとしたコツがあるように思うんです。
「それって何だろう・・・」
今回のコラムでは、そんな事を自分なりに考えて提案してみたいと思います。

——————————

———————————
Vol.1 「考える」習慣作り
Vol:3 雑談で頭を良くする

雑談って常日頃から普通に話してることだろうと思う。ところが最近「雑談力」という言葉まであるらしい。話下手な人にはなかなか難しいスキルらしいです。それにしても、頭の良い人は難しく考えるもんだなと俺は驚いてしまう。
・基本的な情報
・基礎的な知識
・思考力
雑談力についてまとめると、この3点が大切なスキルだそうで、言葉にしてみるとふむふむという感じ。
こういう話も雑談力としての知識の一つになるよね。何かあった時に調べておくと会話の切り口になったりもするから良いことだ。

でもこれって、自分が話すことについてのまとめだよね?自分の知識を人に話す・伝えることを前提にしている。でも本当の雑談力って違うんじゃないかな?

生きた情報を引き出す
これが雑談なんだろうと思います。「雑談力が無い」と自分が話す知識を増やすより、話を聞きたいという姿勢がいろんな情報を引き出していくんじゃないかと。俺もそうだけど、うまく聞かれるとついつい話してしまう。聞き出せたらそれこそが「雑談力」になるんじゃない?これ前にも「聞く力」で書いてるか(笑)。話下手だから、話が面白くないから、そんなことは雑談力に関係なし!気負わず自分らしくやると決めると、へんなプレッシャーも感じず楽しくやっていける。

俺が思うに「雑談は知識の宝庫」
こいつくだらないこと言うな~って爆笑して聞いてて、お互い話がどんどん脱線していって膨らんでいくこともある。そしてその時の話が後で活かされるなんてこと日常茶飯事で起こる。それは全て会話の流れ。楽しい会話になるかならないか、そこに少なからずの自分の知識や情報を持っていると良い。

相手からもらう知識とエネルギー
読書でも知識はもらえる。でも読書は自分フィルターが入っていて己の解釈だけで成り立つ。でも雑談は違う。人と話すことの良さは、話している相手の想いや熱量が伝わって来ること。その人が感情を持って話すからこそ伝わる何か。これが面白いんだと思う。知識に偏りがないしジャンルを選ばないし、聞いて興味を持ったら自分で深追いすることにもつながり知識量がどんどん増える。興味って自分の中からだけ沸き上がるモノでもなくて、誰かがそのきっかけをくれたりするもの。そういう意味で、楽しい会話が出来る友人関係を豊かにすると自ずと雑談力も上がるモノなんだろうね。

雑談こそ人間関係の基礎
コミュニケーション次第で相手の信頼を得ることが可能。それが仕事の良し悪しに影響することは間違いない。相手の興味や関心を理解して話を聞いていくと、親しみを持ってもらえて関係性が深まる。中身の無い会話にこそ、お互いを知る要素がいっぱいふくまれているものです。変な苦手意識を持たずに、ただただ人に興味をもつことで人との関係が作れるならば、こんなに素晴らしい人生を楽しむコツはないんじゃないかと思います。



【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社