【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.3 今、君に送るエール(声援)【会社の自分への評価がとても低いんです】

今、君に送るエール(声援)
————————————————-
Vol.1  部下の育成がうまくいかないんです
Vol.2  同僚と自分を比べてしまうんです
Vol.3  会社の自分への評価がとても低いんです
Vol.4  このままこの仕事やり続けていて良いのかな
Vol.5  自分が本当にやりたいことが見つからないんです
————————————————-

俺の趣味は異業種交流。飲みに出ても電車の中でも、初めて出会ういろんな人達とすぐに打ち解け、昔からの知り合いのように話し始める俺の癖(クセ?笑)。このところ立て続けに30代くらいの人たちと話しをする機会があったんです。仕事を通じて知り合うわけではないから業種や立場も様々。

「なんか暗い顔してんな~、どしたんや」

少しづつ時間をかけながら聞いていく。会社のこと、自分のこと、それぞれだけどみんなの話を聞きながら「いろいろ悩んでるんやな~」そう思った。

俺の若い頃もそうだったのかもしれないな。過ぎてしまえば、大したことなかった、その時の考えや思いが自分を支えてくれた、という想いもある。俺はただ「頑張れよ~」って言いたいんだと思う。迷い悩む時、自分を支えてくれるのは

根拠のない自信

それだけだったりする。大丈夫!大丈夫!そう自分に言い聞かせてやる気を奮い立たせた時もあったしね。成功には根拠がいるとか理由がいるとか、そんな事どうでもよくて、やらなきゃならない時がある。
今、悩んでいる人へ、俺からのエールを送りたい。今回はそんな思いで書かせていただきます。

——————————

———————————

Vol.3 会社の自分への評価がとても低いんです

承認欲求ってありますよね、人からほめられたい、認められたいという感情。程度の差はあるけれど、人がみんな持ってる欲求の一つ。周りから全くほめられない、認めてもらえないとなるとちょっと心がこじれてきゃうよね。俺が思う3つの「タイ!」

ほめられたい
認められたい
頼られたい

人はこれにより自分のモチベーションを上げているんだと思う。大人になると、特に仕事においては自分が評価される立ち居振る舞いをしないとならない場面がたくさんある。もちろん役職や給料もそれに比例することになるし。

以前、懇意にしている社長から
「あの社員は、言ってもやらない・やっても中途半端・報連相も出来ない」と話すのを聞いた。一緒に仕事をする機会もあったから、俺はその社員と話してみた。

俺:仕事は楽しいかい?
彼:全然楽しくないです
俺:なぜ?
彼:やる気はあるんですけど、やっても上手くいかないし、上手くいったなと思っても他のことで怒られるんです。説明も下手だし。
俺:説明が下手ってどういうこと?
彼:報連相が遅いっていつも言われます。自分は伝えているつもりなんですけど。

やってるつもり、出来てるつもりは本人の無自覚から来るものだから、そう簡単に変われないことの一つかもな‥そう思いました。本人的にはどこから手をつけていいかも分からなかったりするしね。でもこういう人は、自信を持つと全てが変わってくるもの。俺はそういう人をたくさん見て来た。

俺はその人に合わせた欲求の満たし方をすれば良いんじゃないかと思う。
やっただけで良し!
報告しただけで良し!
まずはそのままを認めたところからスタートする。周りも寛大にね(笑)
出来ていない事ばかり伝え続けると、自信なんて生まれるはずもない。もちろん、そのままで良いというわけでは無くて、まずはそこから周りも本人も認めていくということ。これがあって初めて何をどう変えていけば良いのかが分かるし、レベルアップにつながっていくものだと思うから。

やる気のある事に対して
意識承認
やる事に対して
行動承認
職場に居る事に対して
存在承認

認めてもらえてこそ、その人のいろんな良さが分かってステップアップしたり、自分の得意なことに気付いたりするもの。会社はこの人手不足の中、これくらい出来て当たり前だろう…を取っ払って、人それぞれに合わせた育成方法が必要じゃないかなと思う。

理想の自分と現実の自分とのギャップってみんなあると思うんです。今の自分をありのままに受け止められるようになると動き出したりする。解決できるのは本人だけ。心身ともに人を動かすのは自分がそうと決めたことだけだから。

社長や上司に仕事を認めてもらえないのは、社員の会社への貢献度が育たないから大きな損失となる。上の人が気を付けることは、とにかく本人の言い分を吐き出させること。たぶん話す内容は自己中心的だけどそこを突っ込むと話は終わってしまうからせっかくの機会をふいにしてしまわないように、相手の言葉を全て受け止める。ちゃんと聞き続けていると、態度の要因や、その中に本人さえ気付いていなかった部分が見えてくる。そして、それから評価していくという姿勢を持つ。人は日々成長するものだから「変わらない」と思わず、いつでも新鮮な視点で見守ってあげられたらいいよね。

分かって欲しい、認めて欲しいという、承認されたい気持ちは大切。そして承認される環境も大切。自信がつけば何もかもが回り出す。この承認する・承認されるという問題は、本人だけの問題ではなく周りの環境設定も含め、いろんな要素が複雑に絡んでるんものだと改めてそう思った。

「変に悩まない方が良いよ!まず自分の出来ている事を洗い出して、しっかりと認めてみたら良いんじゃないかな。そこからスタートしたら?」、、、俺は彼にそうエールを送った。

【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社