【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.3 「すぐやる!」と決める【なぜ、動けないの?】

【すぐやる!と決める】全話5話完結シリーズ

「すぐやる!」と決める
Vol.1 【なぜ、やれないの?】
Vol.2 【なぜ、決められないの?】
Vol.3 【なぜ、動けないの?】
Vol.4 【なぜ、結果が出ないの?】
Vol.5 【なぜ、未来が見えないの?】

——————————

先日、うちのスタッフとこんな話になった。
「私のやる気スイッチってなんだろう?」彼女は、やりたくない時にそう書いてあったインデックスを見つけたそうです。その下の方に「しめきり!」と殴り書きしてあったと(爆笑)。

・なぜやる気が出ないんだろう
・集中したいのに出来ない
・行動に移せない

話を聞きながら、「人ってそんなものなのかもしれないな」、、、そう思いました。
普段からそんな自分と戦うことってよくあると思うんです。なまけ心に優柔不断、単なる気乗りしないという問題まで、相田光男風に言うと「だって、人間だもの」(笑)。ま、そんな話なので、真剣に考えこんでもしょうがなかったりするしね。

「いざ、という時に行動できる」ようにしておく。
これが出来ればそれでイイのだと思う。そのためには、「どうすればいいのか?」を今回取り上げてみたいと思います。自分を動かす仕組みさえ覚えてしまえば、変に悩まずに自分の力を発揮できるようになる。皆さんのモチベーションアップにつながりますように。

——————————

———————————

Vol.3 なぜ、動けないの?

仏教に「知覚動考」という言葉があります。
意味は「知って→覚えて→動いて→考える」ということ。俺は佛教大学出身なのでこんな話をよく聞かされた。

運転免許を例に上げてみよう。
「知」=免許を取るために、勉強をして法律や方法を知る
「覚」=運転するために必要なことを覚えて、免許を取得する
「動」=車を買う
「考」=運転してみて初めて分かること、経験を積んで自分なりに考える
結果、事故を起こさない優秀なドライバーに成長していく、、、そんなもんですよね。沢山の失敗から学ぶことって多いモノだし、車の運転となるとぶつかってぶつかって覚えていくものだったりする。

これは、行動力を飛躍的に高める考え方なんだそうです。
これやったら良いかもと思ったら、すぐに覚えてすぐに行動する。行動してやってどうだったかを考える。キーワードは「すぐやる」。だって、知っても覚えても動かなければ何にもならないから、、、結果につながらないから考えることも空論になるし。だから行動あるのみ!という話になる。

動けない人の特徴として、始める前にあれこれと考えすぎるようです。それでは最初の一歩はなかなか踏み出せないよね。
・うまくいくかな
・タイミングを見た方が良いんじゃない
・他にもやることいっぱいある
・時間がないな
・やる気にならないんだ
、、、、、考え出したらキリがない。

頭でっかちについて考える
「知覚動考」の順でいくなら、たぶん「考」を先にもってきちゃうんだろうね。考えれば考えるほど動けなくなる。頭でっかちの意味は、理屈ばかりで行動が伴わない人。悪く聞こえるようだけど、そういう人ってとっても勉強してたり、知識欲旺盛だったり、いいところはたくさんある。勉強家で頭が良いから行動する前にある程度予測出来てしまって、やる気をなくして行動に移せない、そんなこともあり得そうだ。俺なんかは感覚だけで動き始めるようなところがあるから、思い切ったことしてしまったりするしな(笑)

行動してるやつって面白い
動けない動かないということは失敗をしないということ。経験が出来ない分面白みは無いということになる。どれだけハウツーを知ったとしても、実際に人がやってみるとそれぞれ全く違うものになるし、それがまた味というか魅力になっていくもの。やっぱり経験値の高い人の話は面白いもんね。失敗談なんて人間性が濃縮されたもので独自性が出るものだし。そんな人との時間は自分の人生を豊かにしてくれる。自分もそんな人に成りたくないか?

やみくもに動け!って言ってるわけじゃない
・よしやろう!と決めて動いてからなんの検証・反省もしない
・やり方を覚えて、今度やろう!って忘れてしまって動けない
・勉強して、その場で満足してしまって、頭から抜けていく
人にはいろんなタイプがある。自分に何が足りないかは自分が一番よくわかってるはず。行動に移すというには目的あっての事。成功したいのか?何をイメージしてそれをやりたいのか?それさえ心にあれば行動は大きな力になる。

秘訣は「今すぐやる!」
やろうと思った時が一番やり時。このやる気のある時を見逃さないのが良い。そのタイミングを逃してるようだと、いつしかその気持ちは薄れて気持ちは遠のいていく。それは余計なエネルギーを使わないためにもとても有効。
周りから反対されるんじゃないか
どう見られるんだろう
考える時間を持つのは、それだけ不安感をあおるのだということ。プレッシャーを抱え、周囲を気にし始める。自分はどうだったのか、自分はどう感じたのかはどんどん忘れていく。行動への恐れが膨らむその前に・・・

今日は最後にみんなに問いかけよう。
「やろうと思って、動けていないことがありませんか?」
ずっと胸に引っかかっているならばすぐ行動を!考えてるだけじゃ動けないですよ。
 

【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社