【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.3 気付くこと

全5話完結シリーズでコラムを掲載(第3話/全5話)
テーマは、”俺が感じたコミュニケーションにおいて大事なこと”を伝えていきます。

今回は「Vol.3 気付くこと」について
自分自身のこととして現実味がないと人ってなかなか行動に移せんもんやと思う。
具体的なコミュニケーションをすることで行動に結び付けていくことが出来るんやと思います。

————————————————————————————————

”強みビジネスメンター 堀井聖介”です。

あなたの「ええとこ=強み」を活かしてビジネスをやらへんかって伝えている。
詳しくは、俺のオフィシャルサイトを見てくださいね。

Vol.2「質問すること」の流れから、、、

前回は、質問をするということは、相手のアイデアを引き出す手伝いになるという話をさせてもらいました。

「みんなが無限のリソースを持っている」

考えてみると、自分から一度外に出さんと認識出来んことがあるねんな。そう考えると人ってまだまだ自分でも気が付いてないリソースをいっぱい持ってるってことやんか、凄いもんやな。ただそれは一人で知るには限界があるってことやと思うねん。

たくさんの会話や質問の中からそれを引き出していく。それはきっと本人の引出しを増やしていくことになるし、認識することで大きな自信へとつながっていくんやな。


「話を膨らませる」

人と会話をしていく時に、イメージを膨らますことが大事やっていつも思ってる。言うならば、絵を描くようにとか一連のストーリーになるように。ビジネスでもよく「ビジョン」って言うやん、それは形(行動)にする上でとても大切なことやと思う。

「本人が気づく」

聞く側が違う視点から沢山の質問をしていくと、自ずと自分自身が話をどんどん発展させていく。そんな話の中で現実感や対応方法なんかも一緒に生まれてきたりして自分のモノになっていくんちゃうかな。

その人の魅力を引き出し、選択肢を広げて、行動を起こしやすくする

これがONE ON ONE コミュニケーションの良さやと思う

人っていつでも自由に話してるかというと違う気がする。
いろんな思いがあったり相手の立場を気遣ったり損得を考えたりで、それほど自由な会話は出来ていないと思うねん。だからこそ一対一の関係でそれも自分の悩んでいること考えていることを整理するようなコミュニケーションが必要なんやと思う。

前から言ってるけど、結局はその人自身。自分以上に自分の事を考え分かっている人はいないはず。会話からこの人なら「信頼して話しても良いんや」「協力者なんや」っていう立ち位置が築けたらいいね、一人ではない大きな力の結集から新しい何かが生まれてくるんやないかと思うな。

「行動を起こすために」

もちろんただ聞いて貰った!では聞いてる方もつまらんよね(笑)。本人も話しただけでは未完了な感じで気持ち悪いし。その後、行動に移すためには何が必要なんやろう。

行動につなげるコミュニケーションを、、、
新しいアイデアや考えを発展させる会話から気付きを得て、新たな行動を起こすことが大切

Vol.4は「行動すること」

自分が理解しているだけじゃ行動に移せん。出来ること、やらなきゃならないことは分かってる、でもそれが出来るわけじゃない。その辺りをうまくまとめられたらと思っています。

LINE@「俺に話してみぃひんか?」をやってます。

なかなか全国の皆さんにお会い出来へんから、簡単に俺にアクセス出来る方法を考えてもらいました。
経営者って一人で悩んでしまう、そんな時少し話すだけでメンタル回復する事ってあると思う。
俺があなたの悩みにONE ON ONEで直接対応します。いつでも相談にのりますので、なんでもお話下さいね。

堀井聖介公式フェイスブック 「ポチッ」と押して友達申請♪

#シェアーズ#Shares#強みビジネスメンター#堀井聖介#ビジネス相談#小さい会社#小規模事業者#経営者#コミュニケーション