【連載】ビジネスコラムBusiness
Column

強みビジネスメンター
シェアーズ 代表取締役 堀井 聖介

独自の強み気づいてますか?...活かしたいならシェアーズ「ビジネス相談」

Vol.4 DO-行動する【チャレンジする】

DO-行動力
————————————————-
Vol.1  行動:やってみる
Vol.2  行動:続ける
Vol.3  行動:教える
Vol.4  行動:チャレンジする
Vol.5  行動:決断する
————————————————-

行動するって何だろう?

新型コロナによる社会全体の閉塞感。俺自身も「何だこれ!何が起こってるんだ!」って感じ。今までの普通の生活がなんとなく変わってきていて、会う人会う人みんなが「大変だ!」と口にする。実際、仕事に支障を来たす業界の人も多いだろうし、家庭の中も通常とは対応が変わり不安定な感じになってる人もいるだろう。

そんな時に何を書こうかなと考え、今回は「行動」についてまとめてみようと思いました。
いろんな足かせを感じる時期だからこそ、行動せずに漫然と「やりたいことをやれない」という時間を送ってしまうことに、俺自身が危険を感じた。だって、いつだって行動してみないと分からないことが沢山あるモノだから…。

「行動する自分」
不安を振り払い、自分を奮い立たせるためにも行動を起こすことは大切な事だと俺は思っている。みんながそんな自分の原点に帰れるような記事になったらいいな。

——————————

———————————
Vol.1 「考える」習慣作り
Vol:4 行動:チャレンジする

人生において一番のリスクは「何もしない事」だと思っています。何もしないなら今後これからが変わることもないだろうから。今の自分の生活や環境は、これまで経験して自分が身に付けて来た知識・行動からしか生まれてこないものだしね。

自分の人生に興味を持って新たなるチャレンジをするならば、必ず新しい道が開ける。それは、「人生の軌道修正」も出来るということ。

「人生の軌道修正」は、チャレンジする以外に変わっていく事は無いと思う。最初の一歩を踏み出すってなかなか難しい。普通なら、、、今までなら、、、そう経験則で考えるものだし、人は基本的に変化を好まない生き物だというしね。
・これまでは自分が「出来る事」をやってきた
・これからは自分が「出来ない事」「やったことが無い事」をやっていく
怖いよね、やりたくないよね、チャレンジってそういうものかもしれない。

なぜチャレンジ出来ないのか?その理由について考えてみる。
・楽しくない、楽しいと思えない
・恐れる、不安に思う
心配が先に立ってしまって、知らず知らずの内に逃げ出すような怖さを感じてしまう。

「学習領域」と「危険領域」という考え方があって、「いきなりそれは無理だろう!」・・・人は、そういう事を目標にセッティングするというミスを起こすそうです。

野球の話ばかりなのですが、バットを持ったことも無い人がいきなりプロ野球選手の投げる剛速球を打とうとしても無理があるでしょう。最初は素振りの練習から少しづつ慣れて80km/hくらいのゆっくりした球を打つことを目標に練習する。練習を続けながら徐々に100、120km/hと対応するスピードを上げていく。それが打てるようになって初めて150km/hのプロ級の球へのチャレンジです。普通はそうだよね。でもいきなり150km/hを打つことにチャレンジしてしまう人がいる。これが「危険領域」という考え方。素振りから始まるなどの自分が出来る小さな目標設定でチャレンジしていくことは「学習領域」というらしい。いきなり無謀なチャレンジをすることは成功確率も落ちるものだしね、もしそうなら俺だって怖いと思うよ(笑)。

チャレンジを怖いと思う人は、自分の思い描くハードルを下げて「ちょい難」に向かって頑張れば何とかなりそうだと思わないかな?出来そうな感じが変な怖さを生まないというイメージ。

頑張ればなんとかなりそう!

そんな風に考えて日々チャレンジをしていく。もし今変えたい何かがあるならば、少しづつのチャレンジを継続する事で、結果的に大きな人生の軌道修正も可能だと思います。やっぱり継続して行動するしか無いんだよな・・・と、自分でも書きながら思うところもあり(笑)。



【堀井聖介FaceBook】 ポチッと押して友達申請してね!

#シェアーズ #堀井聖介 #経営者 #社長 #地域経営者 #地域経済 #コンサルタント #マネージメント #経営学 #小規模事業者 #小さな会社